幼稚園について

園長より

奈良文化幼稚園園長 角田道代

子ども時代に 子どもらしく
思い切り遊ぶ中で、また、生活を共にする中で
子どもが 自分でつかみとる その力を信じています。
内から育つ その力こそ 自分で一歩を踏み出す 確かな力です。
ご家庭を離れ、初めての社会生活の場となる幼稚園
「ゆっくり待っているよ。心配しなくていいよ」と 本気で子どもたちに伝えます。
ありのままの子どもを 受け入れます。
そして 最善を尽くして、待ちます。
待つ姿勢は、子どもを十分信頼しているという気持ちを伝えることです。
そして、子どもへの愛情を、子どもにわかりやすく伝えることです。
こうして子どもたちの中で芽生えた安心感は 「自信」になります。
認められた喜びは 「信頼」になります。
家族以外の人との生活の中で、
「人っていいな」と 心と身体で感じることが、
子どもたちが生きていく上での「土台」となる と考えています。

その土台の上で

子どもの中から生まれ出る自由遊び、また、様々な経験を大切にし、
一人ひとりの子どもの持つ素質と個性と能力を最大限に引き出したいと考えています。
そのために、時間と 場所と 温かさを準備して、教職員一同、心をこめて、待っています。