ニュース

ニュース・トピックス

第6回ちびっこ広場を開催しました

本学のアリーナを開放して月2回実施している、第6回「ちびっこ広場」を開催しました。
午前中は本学の石田秀朗キャリア開発センター長が『今の子どもたちが社会人になる時代には」をテーマに、「自分で問題を提起して自己解決できる子に育てるために、レールを敷いてやるのではなく、環境を整えてあげることが大事」と講演しました。
参加されたお母さんがたからは、「とても勉強になった。次の講演もぜひ聴きたい」という声をいただきました。

午後はアコーディオン奏者の冨永豊一先生による『Accordionと一緒に歌いましょう』が開催され、中登美保育園の5歳児の園児たちも一緒にアコーディオンやピアノの音色を楽しみました。

冨永先生が1台のアコーディオンで複雑な音色を奏でると、子どもたちは「楽器がいっぱいあるみたい」と、不思議そうに聴いていました。
この日は、本学の国松ゼミの学生たちも参加。冨永先生のアコーディオンに合わせて歌を歌い、「崖の上のポニョ」や「かたつむり」など馴染みのある曲に、会場からも歌声が響きました。

続いて、アコーディオンの紹介も行われ、「どこから音が出てくるのかな?」「ジャバラはどれくらい伸びるのかな?」と、実際に触らせていただき、子どもたちも大喜びでした。
最後はしっとりと「さくら」(森山直太郎)が素晴らしい音色で演奏されて、大きな拍手が贈られました。

次回は7月14日(木)11時から15時まで、『出張ミニ博物館~海の生きもの~』を企画しています。お誘い合わせてお越しください。