ニュース

ニュース・トピックス

学内成人を祝う会を挙行しました

成人を迎えた2回生を対象に、学内成人を祝う会を挙行しました。

式典の中で、西川理事長から、
「"自ら立つ""自ら律する"の2つの"じりつ"を実行し、残りの学生生活も悔いのないよう頑張ってほしい」
と、激励の言葉を頂きました。
また、松田学長は、お正月に筆を奮ったという「初心不可忘」の作品を手に、
「皆さんは時代の節目節目を生きてきている。人生の節目はこれからもたくさんあるが、その時その時の気持ちを大切にしながら、成長していってほしい」
と、言葉を贈りました。

新成人を代表して、今後の抱負を語った浦谷さんは、
「この2年間勉強してきて、初等教育にも興味を持った。進学して、この気持ちを大切にしていきたい。」
と、その決意を新たにした様子でした。
卒業まで残り3ヶ月を切り、彼女たちの社会人としての自覚を感じる会となりました。