ニュース

ニュース・トピックス

12月のサタデーオンステージを開催しました

  • 12月のサタデーオンステージを開催しました
  • 12月のサタデーオンステージを開催しました
  • 12月のサタデーオンステージを開催しました
  • 12月のサタデーオンステージを開催しました

12月24日(土)、1号館2階のアトリウムにおいて、12月のサタデーオンステージを開催しました。今回は、奈良県内の公立高校で唯一音楽科・芸術科のある、奈良県立高円高等学校吹奏楽部による演奏が披露されました。同部は県代表として関西吹奏楽コンクールに連続出場するなど、多くの実績を持つ県内有数の吹奏楽部です。

13:00からスタートした演奏は、クリスマスイブにふさわしく「ジングルベル・イン・スゥイング」からスタート。会場は一気にクリスマスの雰囲気に包まれました。

続いて坂本九の「心の瞳」、「となりのトトロ・ストーリーズ」、カーペンターズの「青春の輝き」と、おなじみの楽曲をじっくり聴かせる名演奏。優美で力強い吹奏楽の音色とメロディーに、観客のみなさんは癒しの世界に身を委ねていました。

また「青春の輝き」では顧問の石光雅至先生がソプラノサックスでソロパートを演奏され、その圧巻の表現力に感動したお客様から拍手と共に「おー!」という声もあがりました。そして部員による担当楽器のソロパート披露があり、それぞれが個性的な音色と素晴らしい演奏を聴かせてくれました。

そのあと、マリンバがメインの「パーカッションパレード・イン・ファンタジーワールド」。5人の部員が順番に位置を替えながら演奏をつないでいくという演出に、会場内は大いに盛り上がり、「スマイル」「情熱大陸」と、リズミカルで迫力のある演奏が続きました。思わずリズムを取るお客様も多く、まるで会場全体が一体化し、音楽の流れの中に包み込まれるような雰囲気となりました。

最後にアンコールに答えてフィンガー5のメドレーが演奏され、あっと言う間に1時間の演奏会が終了しました。

次回は29年2月18日(土)13時から、奈良県立奈良高等学校吹奏楽部の演奏を予定しています。ぜひみなさまお気軽にお越しください。
※1月のサタデーオンステージは開催いたしませんので、ご注意ください。