ニュース

ニュース・トピックス

2月のサタデーオンステージを開催しました

  • 2月のサタデーオンステージを開催しました
  • 2月のサタデーオンステージを開催しました
  • 2月のサタデーオンステージを開催しました
  • 2月のサタデーオンステージを開催しました

2月18日(土)、1号館2階のアトリウムにおいてサタデーオンステージを開催しました。今回は、奈良県立奈良高等学校吹奏楽部の皆さんによる演奏です。同部は「楽しくなければ『音楽』じゃない!」という考えを基本に、演奏者も聴いてくださる方々も感動できて楽しめる音楽を目指し、さまざまなコンテストや演奏会で活躍されています。

まず1曲目の演奏は、リズミカルで楽しい雰囲気の「オーメンズ・オブ・ラブ」からスタート。演奏が始まると、徐々にお客さんが増え始め、用意された椅子も満席となり、最終的には立ち見が出るほどの盛況ぶりでした。
2曲目はSMAPの「世界に一つだけの花」。曲が始まると、お客さんの中には小さな声で歌を口ずさむ方もいらっしゃいました。「ぜひあの、のほほんとした映画のシーンを思い出してください」という解説の後に演奏が始まったのは「となりのトトロ・セレクション」。聴きに来ていた子どもたちも大喜びで演奏に合わせてぴょんぴょん跳ねていました。

続いて、アース・ウィンド・アンド・ファイアーの曲でお馴染みの「セプテンバー」を、当時のブラスロックを思わせるような振付で、ハイテンションな演奏を聴かせてくれました。また「明日があるさ」では演奏する部員たちと、会場のお客さんが一体となり、そしてそのまま楽器を置いて、東日本大震災の被災者を応援するために作曲された「前へ」の合唱へと続きました。

最後は、全員で「コパカバーナ」、アンコールでは同部のテーマ曲ともなっている「情熱大陸」が披露され、まさに同部が目指す“感動できて楽しめる音楽”を聴かせてくれた1時間となりました。

次回は3月18日(土)13時から、奈良県立登美ケ丘高等学校吹奏楽部の演奏を予定しています。ぜひみなさまお気軽にお越しください。