ニュース

ニュース・トピックス

プレアドミッション(入学前交流会)を実施しました

  • プレアドミッション(入学前交流会)を実施しました
  • プレアドミッション(入学前交流会)を実施しました
  • プレアドミッション(入学前交流会)を実施しました
  • プレアドミッション(入学前交流会)を実施しました

2月18日(土)、来年度の4月に入学予定の新入生を対象に、プレアドミッション(入学前交流会)を実施しました。これは、新入生の不安を事前に解消し、本学の雰囲気に慣れていただくために毎年開催しているものです。予定時間よりもずいぶんと早い時刻から、会場となった1号館405号室には、緊張した様子の新入生たちがぞくぞくと集まってきました。

まず開会にあたって、磯辺学科長から「保育者になる、という大きな目標を持って入学されたと思います。保育者には人間性を育てることが大切です。知識ばかりではだめです。自分から踏み出して学ぶこと、そして自分を自分でコントロールすることを学んでいかなければなりません。さらに学生時代に体験し学ぶことは、全てがつながっていることに気付いてください。そして今日からの一歩ずつを大切にしてください。」と、心構えなどについてのお話がありました。

続いて本学3回生の学生スタッフが「手あそび」を披露。「手あそびは手と脳につながっているので、子どもたちにとってもさまざまな効果があります。」と説明したあと、最初は簡単な手遊びから始まりました。グー・チョキ・パーの手遊びや、ピカチューの手袋での手遊びなどをしながら、手遊びが子どもたちにとっていかに興味をもってもらえるかについて伝えました。また、パネルシアターでは「こんこんくしゃん」が披露され、子どもたちが健康に興味を持ってもらうためにも手遊びの手法が有効であることが紹介されました。初めは緊張していた新入生たちも、先輩たちと一緒に手遊びをしているうちに、すっかり笑顔になりました。

後半は先生方による入学手続きや入学後の過ごし方、学校での生活のあり方や心構え、また授業や試験についての説明が行われました。新入生たちは聞き漏れのないように、渡された書類を確認し、真剣な面持ちでメモを取っていました。

その後、参加者は5つのグループに別れ、グループごとに輪になって、先輩とさまざまなお話を聞きました。「友だちはどうやって作るのですか」という質問には「最初のオリエンテーション合宿で、みんなとても仲良くなるよ」という答えが。また「わからないこととかは誰にいつも聞けばいいのですか」の質問には「先輩はもちろん、この学校は先生がとてもフレンドリーなので気楽にどんなことでも質問できる雰囲気ですよ」と、新入生からの積極的な質問に、先輩たちは1つ1つ丁寧に答えていました。

初めて大学という環境の中で、入学予定の新入生たちはすっかり同級生や先輩とも溶け合い、キャンパスライフへの期待に胸を膨らませてるようでした。