ニュース

ニュース・トピックス

平成29年度保護者会を行いました

  • 平成29年度保護者会を行いました
  • 平成29年度保護者会を行いました
  • 平成29年度保護者会を行いました
  • 平成29年度保護者会を行いました

5月27日(土)、1号館4階409教室において、平成29年度保護者会を開催しました。環境を高め、教員と学生が目標を一つにする本学の教育方針について、保護者の方々に説明させていただきました。

まず初めに青山雅哉図書館館長から、本学が「第三者認証評価」に認定されたことが述べられました。これは社会から質の高い教育機関だと認められたことを意味し、また教員たちの励みとなり、学生たちの成長を今まで以上に支えたいと気持ちが固まっています、とも述べられました。そして後援会の決算報告や挨拶を挟み、続いて学科長を始め教員が挨拶し、保育の質や資格取得、就職について各自教育に対する思いを述べられました。

その中で何度も語られたのが「実習の大切さ」です。磯辺ゆう学科長は、「社会に出ると、色々な出来事が起こり、その都度対応が求められます。そのために聞く力、書く力、話す力といった能力をよく磨いておく必要があり、学科として特に力を入れています。ある程度受け身でいられる学校とは違い、実習先では自ら頑張る姿勢が必要不可欠です。」と述べ、教員は実習を終えた学生に対して「一回り大きくなった」と感じていること、また社会では「段取り」をする能力も大切で、これは家での家事に通じるものがあり、保護者の方の協力により能力が向上すること、も説明されました。

この日、午前中は授業参観も実施し、また希望者には保護者会終了後にアドバイザーとの個人面談も行いました。子どもたちが真剣に学ぶ様子を目にした後、教育方針について詳しく説明を受けることで、保護者の方々により理解を深めていただけたのではないでしょうか。