ニュース

ニュース・トピックス

筒井通子客員教授が、「大阪御堂筋アート2017」において、大阪市長賞を受賞されました

  • 筒井通子客員教授が、「大阪御堂筋アート2017」において、大阪市長賞を受賞されました
  • 筒井通子客員教授が、「大阪御堂筋アート2017」において、大阪市長賞を受賞されました

本学の筒井通子客員教授が、大阪御堂筋アート2017「私たちの御堂筋 小さな作品展」において、「夢と希望」を出品し、大阪市長賞を受賞されました。この大阪御堂筋アートは、多様な芸術・文化を受け入れる人々の増加や文化の向上、作家の活躍の場をねらいにされています。受賞された「大阪市長賞」は、人気投票で一番人気の作品が選ばれる賞とのことです。

受賞の報告を受けた西川彭理事長は、「筒井先生の絵には非常に魅力があります。仕事の上での付き合いというだけなく、私は筒井先生のいち“ファン”です。ぜひ今後も精力的に頑張ってください。」と話されました。

筒井客員教授は、「大阪は、本学とも交流の深い地域です。芸術・文化を通じて“夢や希望”を両地域の方々と語り合い、知り合うことができればとても嬉しいです。学生にも、自分の思いを表現してほしい、と話しています。また、絵をみてくださった方々から様々なコメントをいただいて、これからの絵画活動の励みになります。本当にありがとうございました。」とコメントされました。

また、その後「国文祭・障文祭なら2017」の応援事業への、本学生の取り組みの進捗状況についての報告もされていました。

※写真は、西川彭理事長に報告されている様子です。