ニュース

ニュース・トピックス

第13回「AGH杯」(学内スポーツ大会)を開催しました

  • 第13回「AGH杯」(学内スポーツ大会)を開催しました
  • 第13回「AGH杯」(学内スポーツ大会)を開催しました
  • 第13回「AGH杯」(学内スポーツ大会)を開催しました
  • 第13回「AGH杯」(学内スポーツ大会)を開催しました

10月11日(水)、アリーナにおいて毎年恒例の「AGH杯」を開催しました。同大会の名は『adviser's(アドバイザーズ)』『group(グループ)』『hour(アワー)』の頭文字を取ったもので、学生や教職員がクラスや学年の垣根を越えて参加し、スポーツを通して交流を深めることを目的としている大会です。当日は10月とは思えないような陽気に恵まれ、絶好の運動日和となりました。

まず開催にあたり、吉田明史学長から「スポーツとはとてもいいものです。仲間と一緒に運動することで、普段とは違った面も見られて、よりみなさんの絆が深まると思います」と激励の挨拶があり、準備体操の後、いよいよ競技が開始されました。

昨年に引き続き、今回の大会もバドミントン(ダブルス)とバレーボール(9人制)の2種目をクラス対抗トーナメント方式で競い合いました。両競技とも1回戦から接線が続き、バドミントンもバレーボールも準決勝や決勝となると、より強いチーム同士の試合となったこともあり白熱した試合を展開。出場していない学生や教職員も手に汗握っての声援を送りました。

バドミントンの部は2回生D組のペア、バレーボールの部は3回生C組が優勝し、今年度のAGH杯は閉会しました。各種目3位に入ったチームに、それぞれ吉田学長から賞状とトロフィーが授与された際には、出場者全員から大きな拍手と歓声が送られました。