ニュース

ニュース・トピックス

ちびっこ広場を開催しました

  • ちびっこ広場を開催しました
  • ちびっこ広場を開催しました
  • ちびっこ広場を開催しました
  • ちびっこ広場を開催しました

12月14日(木)の「ちびっこ広場」を開催しました。午前の部では、JAF奈良支部の「JAFドレミぐるーぷ」さんをお招きし、「はじめての交通安全教室」をテーマに親子一緒に交通ルールを学んでいただきました。

まずはバイオリンやピアノの演奏からスタート。それまで広場の遊具でそれぞれ遊んでいた子どもたちは、美しいハーモニーに引き寄せられるように集まり、「ドレミのうた」や「シンコペーティッドクロック」のリズムに歩いたり飛び跳ねたりしていました。

音楽で会場が楽しい雰囲気になったところで、紙芝居「あわてんぼうのうさぎくん」が始まりました。早く公園に遊びに行きたいうさぎくんが、信号を守らないで道路を渡ろうとし、自動車にぶつかりそうになったところをぞうさんに助けられる、というお話です。「信号を守らなきゃダメだゾウ~」というセリフに、子どもたちから笑い声もあがり、お母さんと一緒に、交通安全意識への第一歩を身につけたようでした。その後、うさぎくんのようなことがないように、広場に敷かれた横断歩道シートを実際に渡りながら正しい横断歩道の渡り方を学びました。また、自転車に乗る時のヘルメットのかぶり方や、ドラえもんのぬいぐるみを使ってシートベルトの付け方を教わり、子どもたちを守るためにお母さんにとっても大切な機会となりました。

さまざまな交通ルールを教わりながら、その合間に、おもちゃを使って演奏する「おもちゃのシンフォニー」や、子どもたちにもおなじみの「おもちゃのチャチャチャ」「僕の心をつくってよ(ドラえもん)」などが演奏され、広場を盛り上げました。

最後は、「右左、もう一度右見て渡ろうね」「ヘルメット、自転車に乗る時はかぶろう」「手を挙げて横断歩道を渡ろう」など、今日学んだ交通安全のための約束を、みんなで一緒に読み上げ、「はじめての交通安全教室」は終了しました。

参加者からは、「子どもに『交通ルール守りなさい!』と言うよりも、こうして楽しく学ぶのはいいですね。私も勉強になりました」との感想も聞かれました。

次回のちびっこ広場は来年1月11日(木)に開催します。11時30分からの午前の部はサロン・ド・キッズさんによる「みんなで遊ぼう」、13時30分からの午後の部は、本学の岩本准教授による「楽しく見よう 一緒に遊ぼう」を予定しています。お誘い合わせの上、みなさまぜひご参加ください。