ニュース

ニュース・トピックス

実習事前指導を行いました

  • 実習事前指導を行いました
  • 実習事前指導を行いました
  • 実習事前指導を行いました
  • 実習事前指導を行いました

1月10日(水)、初めての実習に挑む1回生、2回生を対象とした実習事前指導を行いました。充実した実習とするために、あらかじめ情報収集したり先輩からアドバイスを受けたりなど、事前学習することを目的としたものです。

はじめに、吉田明史学長から学生たちに激励の言葉がありました。実習生を受け入れてくれる保育所や幼稚園に感謝の気持ちを持つこと、先輩たちがその土台を築いてくれたこと、また面倒を見るだけではなく子どもの命を預かるという責任感を持つこと、そして漠然と時間を過ごさないために自ら視点をもって実習に臨むことなど、4つのポイントを挙げながらわかりやすく話されました。

次はグループに分かれて先輩から実習体験を聞き、話し合いました。グループごとに先輩一人を囲む形で進行し、様々な質問が飛び交いました。「実習のときはジャージやスウェット、パーカーなど何を着ればいいのですか?」「日誌はどうやって書けばいいのですか?」など質問すると、先輩たちは一つ一つ丁寧に答えていました。これから実習に取り組む学生たちは、質問の答えを熱心にノートに書き留めながら、しっかりと話を聞いていました

話し合いの時間が終了した後、磯辺ゆう学科長からまとめの話がありました。そのあとリフレクションシートを記入し、明日から始まる実習の最終確認を行い、終了しました。

「初めての実習で不安でしたが、先輩からどのような心構えでいればよいか聞くことができたので、少し安心しました」「参考になる話が多かったけれど、園によって違う面もあると思うので、まだ少し不安です。明日から実習が始まるので頑張ります」など、学生たちは様々な思いを抱いたようです。

学生たちは役立つ情報を得ただけでなく、初めての実習に向けて気持ちも一層引き締まったようです。