ニュース

ニュース・トピックス

ちびっこ広場「楽しく遊ぼう」を開催しました

  • ちびっこ広場「楽しく遊ぼう」を開催しました
  • ちびっこ広場「楽しく遊ぼう」を開催しました
  • ちびっこ広場「楽しく遊ぼう」を開催しました
  • ちびっこ広場「楽しく遊ぼう」を開催しました

1月25日(木)午後のちびっこ広場は、「保育教材研究ゼミ」に所属する学生7名の“おねえちゃん先生”による「楽しく遊ぼう」が行われました。

まずは手袋人形で歌を歌いながら手遊び。広場でボール遊びやままごと遊びをしていた子どもたちが、おかあさんと一緒に集まり始めました。そして、フリオフトッティーニとフリオホソッティーニという二人の泥棒のお話のパネルシアターが始まると、おねえちゃん先生の楽しそうな歌声に合わせて、手拍子が起こりました。物語がどんどん進むと、主人公たちの面白い会話に子どもたちも「わぁー」と歓声をあげていました。

続いて“キラキラ星”を、星の付いた手袋人形で踊りながらみんなで歌い、その後、再びパネルシアター“三匹の子ぶた”がスタート。オオカミが、藁の家や木の家、レンガの家を吹き飛ばそうとする時、子どもたちもオオカミと一緒になって「ふぅー!ふぅー!」と息を吹きかけました。またオオカミが逃げていく場面では、子どもたちだけではなく、おかあさんからも拍手が起こりました。

最後は、おかあさんの膝をバスの運転席に見立てて子どもたちが座り、山を登ったり、谷に下ったり、急カーブを曲がったりして遊びました。中には、おねえちゃん先生がやっているように、自分の膝にぬいぐるみ人形を乗せて楽しんでいる子どももいました。

子どもたちは、おねえちゃん先生と一緒に歌とリズムに合わせて全身を動かし、終わった後も、おねえちゃん先生と手をつないだり、ぶらさがったりしながら、とても楽しい時間を過ごせたようでした。

次回のちびっこ広場は、2月8日(木)に開催します。午前の部は奈良市消防団“なでしこ隊”による「親子で防災学習」、午後の部は“ゆめポケット”による「人形劇」を予定しています。ぜひお誘い合わせの上、ご参加ください。