ニュース

ニュース・トピックス

ちびっこ広場「親子で防災学習」を開催しました

  • ちびっこ広場「親子で防災学習」を開催しました
  • ちびっこ広場「親子で防災学習」を開催しました
  • ちびっこ広場「親子で防災学習」を開催しました
  • ちびっこ広場「親子で防災学習」を開催しました

2月8日(木)の「ちびっこ広場」を開催しました。午前の部は、奈良市西消防署から女性消防団「なでしこ隊」のみなさまと消防署員の方をお招きし、「親子で防災学習」をテーマに、防災について学びました。

まずは紙芝居「もりのホテルでひのようじん」でスタート。くまおじさんの一家が森のホテルに宿泊した時のエピソードの中に、火事災害を防ぐために覚える事をわかりやすく教えていただきました。次に実際に火事になった時の対処法を、コント形式で楽しく説明。火事を発見し、119番に急報した時は、慌てずに落ち着いて場所、名前、電話番号、状況を伝えることが大事である、と教えていだきました。

続いて消火器の使い方や種類について学んだあと、防災のための体操をしました。地震の時は、頭を守るために体を縮めて手で頭部を覆うダンゴ虫になって、雷が鳴ったらすぐにお家にカエル、火事で煙に巻かれそうになったら鼻と口をハンカチなどで抑えてアヒルのように低くなって逃げる、など、それぞれの動作を「ダンゴムシ」「カエルンジャー」「アヒルンジャー」のキャラクターになって動きました。

最後になでしこ隊のみなさんが火事の煙に見立てた大きな布を広げ、「煙は上の方からどんどん下に降りてきます。さあ、小さく屈んで煙をくぐり抜けましょう」の合図に、お母さんと子どもたちが大急ぎで布の下をすり抜けました。

なでしこ隊のみなさんから、「気をつけていても、いつ何が起こるかわかりません。一番大切なのは、“いざ”という時に、まずお子さんの命を守ってあげることです」とお話があり、「親子で防災学習」は終了しました。

次回のちびっこ広場は2月22日(木)に開催します。午前の部は、どれみのもりの山崎さやかさんによる「親子でリトミック」、午後の部は、伊田直樹さん、伊田多喜さんと本学の島田稲子先生による音楽コンサート「楽しいトリオ」を予定しています。お誘い合わせの上、みなさまぜひご参加ください。