ニュース

ニュース・トピックス

ちびっこ広場「親子で楽しくリトミック」を開催しました

  • ちびっこ広場「親子で楽しくリトミック」を開催しました
  • ちびっこ広場「親子で楽しくリトミック」を開催しました
  • ちびっこ広場「親子で楽しくリトミック」を開催しました
  • ちびっこ広場「親子で楽しくリトミック」を開催しました

4月26日(木)の「ちびっこ広場」午前の部は、どれみのもりの山崎さやか先生による「親子で楽しくリトミック」を開催しました。リトミックとは、音楽を使って、身体的・感覚的・知的の三位一体で優れた子どもたちの育成を図る教育法のことです。

山崎先生が「さあ、アンパンマン体操をやってみようか」の呼びかけに、広場のおもちゃで遊んでいた子どもたちが、音楽に合わせて飛び跳ねながら集まってきました。

次に『さんぽ』のピアノ演奏に合わせて、広場をいっぱいに使って、お母さんやお父さんと大きく輪になって回りました。突然、先生がピアノを止めると、歩くのも止めます。思わぬタイミングで演奏がストップするので、子どもたちから笑い声が聞こえました。
どっしんどっしんと重々しく歩いたり、飛行機になってお母さんやお父さんから高く抱き上げてもらったり、小さくしゃがみこんで歩いたり、音に合わせて楽しいお散歩をしました。

続いてみんなに鈴が配られ、シャンシャンというリズムに合わせて『こいのぼり』を歌いました。
子どもたちが想像以上にリズミカルに鈴を鳴らしているのを聴いて、お母さんから「こんなことが出来るんだ。改めて発見ですね」という声が聞かれました。
また鈴が自動車のハンドルに変身して、曲がりくねったり、坂を上り下りの様を体いっぱい使って遊びました。

鈴で楽しんだ後は、歌に合わせて絵本の読み聞かせです。いろんな種や球根が、きれいな花になるお話で、山崎先生から「いっぱい花が咲いたね」という呼びかけに、「咲いた、咲いた」と嬉しそうに話す子どもたちもいました。

最後に子どもたちは、お父さんやお母さんの膝の上に座り、『バスにのって』を、体を動かしながら「バスに乗ってゆられてゴーゴー!」と楽しく歌いました。
そして『コアラのあかちゃん』でお母さんやお父さんとほっぺたやお腹をピタッとくっつけごっこして、楽しい「ちびっこ広場」が終了しました。

次回は、5月10日(木)に開催します。午後の部は「笑顔いっぱい親子ミュージックケア」を予定しています。みなさまお気軽にお越しください。